2018年12月10日月曜日

12月8日の練習

こんにちは、1年の力山です。
12月8日の天気は晴れ、風速は平均4m/s程でした。午前中は丁度良い順風でしたが、お昼を過ぎた頃から風が振れるようになり、練習は2時すぎで終わり、ハーバーバックをしました。

この日は470を1艇と和船を出して1年は引き続き操船の練習を行いました。練習は一点のマーク回航と上り下りのロングランが主な内容でした。また、風下に向かう練習ではスピンを上げました。

11月頃からスキッパー練習を行い少しずつ操作を覚えてきましたが、1週間経つと体が大分忘れていたので、今回も最初は動作の確認からでした。いい加減体に染み込ませたいです。また、出艇着艇共に先輩や監督(この日は拓大の池田監督)などの指導がないとまだ1年だけでは覚束ないので、慣らしていきたいです。

マーク回航では、コースどりがきちんとできませんでした。スキッパーとクルーどちらをやっていても言われがちな "下側をジャイブで回ってからクローズに上るまでの時間の短縮" が甘くコースが膨らんでいたり、逆に下をジャイブで回る際には少しスペースに余裕を持って回るなどということもあまり理解できてなかったりと、問題点が多く見られました。後半に長谷と吉田さんが行っているのを見ながら水上さんに色々と教わったので、忘れずに次回で生かそうと思います。

スピンを出して風下へ走った際は、スピンを上げるのがもたついてしまったり、その際にティラー操作に誤り下し過ぎてしまったりしたので、予めイメージを持っておいて素早くこなせるようにしておきたいです。ジャイブの際には船を回しきれていなかったので、そこも次回は改善します。
また、スキッパーの際にはスピンで風を捉えきれていなかったりスピンポールの付け替えがもたついたりしていたので、より素早く丁寧にこなせるようにしたいです。

上りの際には、自分は上り過ぎなくらいだと思って船を風下側に向けたが、実際には全然まだまだ上れる方向に走っている、ということが頻繁に起こっていたという指摘を受けました。風をきちんと捉えきれていない証拠であり重大な失敗だと思っています。風見やテルテールなどをしっかり活用しつつ、しっかりとした判断力を細かく下さるように練習を繰り返そうと思います。
午後になり風が振れるようになった際に対応しきれないかったのも問題点でした。こまめに艇を操作して常にベストな状態を維持できるよるになりたいです。そのためにも操船を安定させ、より回りをきちんと見れるようにしようと思います。

また、出艇後に1番杭へ向かう際に、クローズで走ることを謎に意識して無駄なタッグを繰り返し変なコースで向かい、結局少しずれて回らずに航路を抜けるということがありました。遠い目標へフリーで向かうのも下手くそだということがよく分かりました。風をきちんと把握してセイル等をしっかりコントロールしながら、上下へ向かうだけでなく、目標へより最短で向かう方法も磨いていこうと思います。

何回かブログを書いてみて、毎回少しずつできることが増えているとは思いますが、根本的な自分の問題は結局余り改善されていないのではないかと書いていて思いました。毎度半分くらいは同じことを書いている気がします。いい加減そこを自覚して重点的に潰しつつ、ステップアップできるように練習をこなそうと自覚し直しました。もうヨット1年目でいれる時間もあまりないので、しっかりと練習に励もうと思います。
なお、おそらく自分は今年最後の練習でした。今年1年間ありがとうございました。来年2年生になれるよう頑張ります。

2018年12月7日金曜日

こんばんは、友広です。
ただいまより、12月2日の活動に関して報告を行います。
風速は5.6メートルほどで、寒いのを除けばヨット日和でした。
拓殖大学の皆様と活動を行い、午前中は水上先輩とスキッパーとして乗り、午後は拓殖大学の神木くんのヨットにクルーとして乗りました。
クルーの際にスピンを上げるのがが久々だったので思ったようにできなくて歯がゆかったです。
また、拓殖大学の監督や水上先輩にも指導されましたが、スキッパーとしてのクローズホールドの走り方があまり会得できていませんでした。
次回はきちんとテルテールを見てまっすぐ走れるといいなぁ。
それでは報告を終わります。
寒くなってきたので風邪をひかないように気をつけてください。

2018年12月2日日曜日

12月初の練習

 12月に入りましたね。寒い日が続きますが皆さんはいかがお過ごしでしょうか。どうも一年の長谷です。今年の練習も残すところあと数回となったので一回一回集中してとり組みましょう。
 風速は午前中は1m-2mとかなり穏やかでしたが、午後1時を少し回ったあたりから3m台に上がったので午前より午後の方が充実した練習ができたと実感しました。また和船は修理中で走らすことが出来なかったので、470を2艇と拓大のレスキューを使用しての練習となりました。練習内容としては、一年は先週の土曜日に引き続きジャイブの練習を行いました。ジャイブでマークを回る際の注意として、
・ブームを手でまわし、ワイルドジャイブを防ぐ(必要であればクルーが行う)
・艇が風軸を超えて、スキッパーが反対舷に移動した際に、ひいていたティラーを今度はそのまま押すことでマークを回ることができる。
・風が弱いときは艇を傾けながらまわり、スキッパーが反対舷に移るときにヒールを戻す。
以上のことを踏まえてマーク回航をしました。
 始めは先週の練習の復習ということで、タックのみでの八の字周回をしました。その後ジャイブの方法の教授を受け、ジャイブでの八の字周回をしました。最後にタックとジャイブを用いて2つのマークの回航を数周行いました。自分は回航の際に大きく回りすぎていたので水上・吉田艇に
何回も追い抜かれて結構悲しかったです。次回以降は効率よくマークを回れるように、監督や先輩の回り方を真似ながら練習していきたいです。
 470の自分らが乗った艇はエアータンクに水漏れがあるみたいなので、どこかの日で傷の補修などをできたらいいなと考えています。
次回は友広君に投稿をお願いします。
 
















































2018年11月29日木曜日

マンスリー大会


こんばんは、1年の力山です。

少し前の話ですが、11月25日の日曜日にいつもお世話になっている若洲のハーバーで月一のマンスリー大会がありました。小学生から年配の方まで総勢30人程の参加するこの大会に、監督と共にスナイプのスキッパーとして出場しました。自分は秋のインカレでは出場することが出来なかったので今回が初レースで、ついでにスナイプになるのも初めてでした。

当日の風速は午前中は平均4〜5m/s 程、昼頃から落ち着き午後はすっかり風が落ちてしまいました。レースは風が落ちた為2レースで打ち切りとなり、2レース目も途中でゴール位置を変更して短めのレースになりました。
また、レースはop級、一人乗り級、二人乗り級の3つを行い、3点マークを回るいつものコースでした。風がこまめに振れたため、風上に上るだけでもコースどりに細かい操作が求められていました。

自分と監督の艇は両レースともに1位で二人乗り級総合優勝を飾ることが出来ました。自分の乗っていた艇と他の方の艇がだいぶ離れていたため、あまり実感が湧かないところもありましたが、初出場で初優勝を飾れました。自分はほぼ何も出来ていないので何も自慢できるところはありませんでしたが、監督の巧みな技術を間近で見ることができ、沢山のことを学べたので、以下に感じたことを箇条書きします。
    ・ 風が帆に入る前に五感を使って風を感じ取っていた。
    ・ 風に合わせて細かいハンドリングを行なっていた。
    ・ タッグやジャイブがとても滑らかでスムーズだった。
    ・ 艇が風に上っているか下っているか、風がどのように帆に入っているかをよってその都度素早く艇のチューニングを行っていた。
    ・ 判断を素早く行い、1つ1つの動作を素早くこなしていた。
    ・余裕を持って周りを見渡し、冷静に操船していた。
細かい技術的な面でもさらに沢山学ぶことはありましたが、とりあえず自分が特に感じた基礎的なことです。基本的なことに関わらず、自分は全くできていないということを今回の快勝を通じて思い知りました。チューニングをこまめにすることは当然のようですが、自分は頭の片隅にもなかったです。いかに自分が乗りこなせていないかを痛感し、またこういったこと1つ1つを大事にしてこなすから、監督は速いし上手いのだとわかりました。

自分のスナイプの操船については、初めて乗ったこともありますが基本は470と大差ないはずなのにまるで勝手の違う別の船に乗っているようでした。風下に向かう時に前に突き出すジブの先端にくっついたポールについてわかっているようなよくわかっていないような感じだったので、その辺りをしっかりと復習します。そのポールのせいでジブシートが長いのにとてもイライラしました。予め引いておいてタッグ時に持っておく事が必要で大変でした。監督からそれを何回も言われているのに引くのが遅くて、非常に申し訳がなかったです。次回は改善しようと思います。

今回のレースで、速い人たちが自分とどのように違うのかを本当に肌で感じる事ができました。とてもいい経験ができました。出場させて頂いて本当に良かったです。しっかりとヨットに乗る者としてあるべき姿を胸に刻んで今後の練習をしようと思います。一緒に乗せて頂いた監督、ありがとうございました。

もうすぐ12月になりますが、特に朝方に異常に寒かったです。午後海の上で風が落ちた時は日差しが照らすのみでとても暖かかったですが、風が吹くと寒かったので、より今後の練習が不安にはなりました。どうにかして欲しいです。

あと、柴田さんが一人乗り級にレーザーで出場して優勝していました。流石でした。

2018年11月27日火曜日

戸室式マンツーマンレッスン

 冷え込んできましたね。皆様はどういった服装でお過ごしでしょうか。私は風邪をひいてしまったので、どんな時でもヒートテックが手放せなくなってしまいました。皆さんも風邪をひかないようにしっかりと休息をとり、暖かくして過ごしましょう。
 今回練習を行った際の風速は5mほどで、天候は晴れでした。自分を含めた一年生のタックの練習不足が指摘されていたので、スキッパーのタックの基本動作の確認を行いました。今回の練習では470一艇のみで行ったので細かい点まで指摘をいただきながらのものでした。また監督が来てくださったので、タイトルにある通り戸室監督とのマンツーマンでのタックを中心とした練習をしました。タックを行う際は以下の点に留意しながら理解を深めていきました。
 ・ティラーの付け根の関節をうまく利用して自身の体の邪魔にならないように舵をきる。
 ・タックが完了した際の方向を確認してからタックすることで、適切にタックをを行う
 ・ティラーとメインシートの手の交換は艇がまっすぐに安定して動きだしてから行う
 ・風軸を超えてブームが真ん中に来た際に体を反対の舷に移動
また、ティラーを立てずに持ち、ティラーの持ってる手でシートを集めるという点も指摘されました。また、艇が安定する前に持ち替えを行ってしまいがちだったので、その点も改善していきたいです。これらを踏まえた八の字タックをしましたが、マークを巻き込んでしまったり、マークを見失ってしまったりしたので練習を重ねてこれらを直していきたいです。
 以上長谷がお送りしました!次回はガリガリ君こと力山君がブログの更新を行うのでこうご期待。

2018年11月21日水曜日

11月18日、ロールタックなどの練習

こんにちは!1年の友廣です。

11月18日の天気は晴れ、風速は3、4メートルほどでした。
戸室監督、吉田先輩、イムティ、私で1艇の470を乗り回しました!

出艇前に戸室監督からヨット乗りが持つべきいくつかの心構えを伺ました。
その中の一つに船出の精神というものがありました…
船出の精神とは、端的にいうと出艇の準備を怠ってはならないという話です。
しっかりと心に留め、出艇したつもりでした…
しかし、海に出してすぐ自分の艤装ミスが見つかり、時間が経つにつれて追加で2、3個のミスに気づきました。
今回は残念ながら艤装ミスがありましたが、、、、次回の活動こそは艤装ミスを0にしたいと思いました!

11月18日のほかの練習はロールタックを重点的に行いました!!
ヒールさせたりアンヒールさせたりの動きは、はじめに想定していたよりも足腰にきました。めっちゃ楽しかったです!
スクワットとかして下半身の強化ができればいいなぁ。

次回の活動では、りき山くんあたりが記事を書いてくれると思います!

2018年11月18日日曜日

晴れ晴れ生き生きとした練習

朝夕冷え込む季節になりました。皆さんどんな冬をお過ごしですか?最近大学の近くのテラスでイルミネーションが飾られているのを見てああ冬になったなと感じる戸谷が今回の担当です。
今日の練習は天気がとてもよく、久々のヨット日和でした。風速は5m/sほどでした。練習内容はマーク回航、スピンをあげてのランニングをしました。初めてスキッパー側でスピンを上げる作業をしたので学ぶことがたくさんありました。先輩からもっと上ったほうがスピンが風をはらめるとよく言われたのでいっぱい練習をして感覚を掴んでいきたいです。自分の反省はやはりまだタッグの時に回りすぎているので目標から目を離さないよう注意したいです。全体の反省としてはまだ風の吹いている方向などがあいまいなため上る下るがわかってないことです。感覚をつかむために練習に励みたいです。
次回はヨット部のガチムチきんにくん友広君が担当です。Don’t miss it!!